必ず事前連絡を!

消費者金融などから借入をしたものの、返済日に遅れそうだという場合もあるでしょう。このような事態は事前に避けるべきですが、資金がなければ返済できません。

 

このような場合、返済日の前に消費者金融のコールセンターに連絡することが大切です。大手消費者金融であれば、ネット上でいろいろな手続ができる場合があり、そこで遅れそうな場合の連絡をすることができる場合もあります。いずれにしても、事前連絡は絶対にする必要があります。返済日に遅れた場合の消費者金融の対応は間違いなく異なります。

 

借金の返済が滞りそうなので事前連絡をする男性

 

返済日に遅れそうだという事前連絡の際には、いつまでに支払いができるという計画を必ず明示することが大切です。期限に遅れているのですから、どの程度遅れそうなのかを説明することは当然です。同時に期限までには絶対支払うことも大切です。

 

もし、返済を銀行引落などにしていて、引落ができないことが分かったら、この場合もすぐにコールセンターへの電話が必要です。この場合、コールセンターから振込銀行を指示されることがあります。資金的に余裕があれば、その日のうちに振込手続をすることをお勧めします。

 

返済が滞ると、消費者金融は信用情報機関に延滞の登録をします。この登録は俗に言われるブラックリストほどの深刻さはありませんが、延滞が解消されるまで外れません。そして、延滞が続いている間は、クレジットカードなどの新規申込の審査は難しくなります。できるだけ早期に解消すべき問題なのです。

 

消費者金融は、利用者が思っている以上に延滞に対して神経質になっています。これは延滞が支払不能や債務整理に陥る一つのサインだからです。そのため、一度でも延滞を起こすと増枠申請などはかなり難しくなりますし、自分に対する信用はガタ落ちになってしまうのです。