大至急借りたい。在籍確認なしで借りたいなど…疑問に答える!

このサイトでは、消費者金融をはじめ、お金を借りる方法を様々に紹介しています。大至急必要なとき、家族や会社にバレないで借りたい時など、参考にしていただければ幸いです。

 

 

消費者金融でお金を借りる方法

 

消費者金融でお金を借りるにはどうすればいいのか説明する女性

大至急でお金を借りる方法といえば、消費者金融がまず思い浮かぶのではないでしょうか。

 

消費者金融でお金を借りる場合、まず借入の申込をします。申込の際には、自分の勤務先や年収、更には家族構成や他のローンの利用状況などを申込書に記入します。消費者金融ではこの申込書と、申込者の消費者金融などをどう利用していたかを記録している信用情報機関からのデータをマッチングさせて審査をします。審査に通れば消費者金融が決めた融資限度額の範囲内でお金を借りることができます。

 

審査に通ったらお金を借りることになりますが、大手消費者金融の場合はローンカードを使ってキャッシングをすることでお金を借りることができます。中小消費者金融の場合はローンカードを発行せず、融資限度額の範囲内で利用者名義の預金に振り込む形式が多いです。最近は大手消費者金融でも、ネット上から自分名義の口座に融資の振込指示をすることができるようになりました。

 

消費者金融でお金を借りる際、金利が高い点を問題視する人も多いようです。しかし、消費者金融以外の金融機関でお金を借りる場合は、審査が厳しいことが多いです。特に銀行でお金を借りる場合は審査が非常に厳しいため、お金を借りることができない人も少なくありません。

 

消費者金融の金利が高いのは、気軽に借りることができるというサービス料だと考えた方がいいでしょう。もちろん利率は低い方がいいのですが、審査が厳しくてお金借りることができなければ意味がありません。自分がどうしても必要があるという時に、タイムリーにお金を借りることを可能にするのが消費者金融なのです。

 

消費者金融でお金を借りる方法は、お金を借りたいと考えている人にとって一番メリットが大きい方法だと言えます。友人などから借りてしまうと、返済などの問題でトラブルの元ですが、消費者金融でお金を借りるのであればそのような問題はなく、気軽にお金を借りることができます。気軽すぎるのも問題ですが、必要な時にお金を借りる方法、手段としては一番お勧めできる方法です。

 

 

銀行でお金を借りる方法

 

銀行でお金を借りる

安心で低金利といえば銀行ではないでしょうか。そこで、いつものメインバンクでお金を借りる方法についてまとめます。

 

銀行でお金を借りる際は、銀行での審査がまず必要です。銀行の審査は「石橋を壊して渡らない」といわれるような慎重さがあるため、厳しいと言われています。しかし、最近は銀行でも傘下などの消費者金融が審査をするカードローンを提供しており、ローン商品によってはそれほど神経質になる必要はありません。

 

銀行融資で有利に審査を受けるためには、その銀行で取引を長年していることが大切です。銀行では取引履歴を決行重視していますから、取引が長く、かつ取引量が多い顧客は大切にされるのです。住宅ローンを借りようとする場合、自分の取引銀行で借りるのがベストだと言われることが多いのはそのためです。また、給与振込口座をその銀行にしていれば、信用度はさらに上がります。

 

銀行のローン商品はいろいろとありますが、大別して目的ローンとそれ以外に分かれます。

 

  • 目的ローンというのは、住宅ローンやマイカーローンのように使途が明確になっている資金借入のことです。他にも教育ローンやブライダルローンというものもあり、最近では高額医療に対応するタイプの医療目的のローンも人気です。目的ローンの金利は低いのですが、使途を証明するために見積書や契約書の提示を求められます。
  • これに対し、フリーローンと言われる使途を特定しないタイプのローンは金利が高めです。特に消費者金融のようにローンカードを使って借入が自由にできるカードローンの金利は、消費者金融とあまり変わりません。カードローン以外のタイプのローンは、使途は自由とは言うものの見積書などを提出することを求められ、使途を確認されます。

 

銀行融資は入り口こそ厳しいものの、一度審査に通ると次回からの融資の審査は結構通りやすくなります。銀行取引は一度始めたら変えない方がいいと言われる理由の一つです。銀行からお金を借りる方法として、知っておくと良いでしょう。

 

 

国からお金を借りる方法

 

国からお金を借りると利息が安かったり無利息だったりすることがあります。大手消費者金融だと年利18%なので随分と違いがあります。しかしお役所からお金を借りるのはいろいろと面倒ではないかと思われがちで、躊躇する人も少なくありません。しかし、条件に該当していれば簡単に貸してくれることも事実です。

 

国からお金を借りる方法として一番手軽な方法は、緊急小口融資ではないでしょうか。ある程度収入がある人は利用できませんが、最高10万円まで無利息で貸してくれます。市町村の社会福祉協議会という組織による貸付ですが、無利息であることからわかる通り、国からお金を借りているのと同じことなのです。

 

失業などで当座の生活資金が必要という場合、10万程度の資金では生活できません。

 

この場合、総合支援資金として二人以上の世帯であれば最高240万円まで借りることができます。連帯保証人を確保することができれば、無利息での借入が可能ですからかなり有利なはずです。この貸付も窓口は市町村の社会福祉協議会です。

 

この総合支援資金は、今後生活を立て直すという計画がある人が対象なので、その計画書を作成するというハードルがあります。しかし、遅かれ早かれそのような計画を立てる必要があることは間違いありません。市町村の社会福祉協議会と相談して作成してみましょう。

 

また、年金受給者の方は2か月に一度しか支給がありませんから、当座の資金不足に陥ることがあります。民間の会社が年金証書を担保にして貸し付けをすることは禁止されていますが、国の事業として行っているものは別です。年金を受給している銀行などで取次ぎをしている場合がありますから、一度確認してみるといいでしょう。

 

以上が、国からお金を借りる方法です。

 

 

家族や会社にばれないでお金を借りる方法。在籍確認やキャッシングカードの受取方法

在籍確認の電話がかかってくる職場の電話

消費者金融からお金を借りていることは、職場や家族には内緒にしたいものです。しかし、ローンカードが郵送されたり、職場への在籍確認の電話により、ばれてしまうことが少なくありません。

 

しかし、このような危険性を排除してばれないでお金を借りる方法は存在します。

 

まず、家族にばれないようにするためには、消費者金融の窓口で手続きをすることがベストです。無人機店舗でもいいのですが、ローンカードの受取は店舗でできますから、自宅に郵便物が届くことはありません。副次的な効果として、担当者と電話などで直接話をしながら手続きができるため即日融資などが実現しやすいことも挙げられます。

 

次に、キャッシングは消費者金融のATMを利用することです。コンビニのATMを利用すると、貸金業法で決められている利用者に対する連絡事項が通知できない場合があります。この場合、郵送物が発生するためばれてしまうのです。消費者金融の店舗にあるATMを利用すれば、このような連絡事項はATMから出力されますから郵送物は発生しません。副次的な効果として、コンビニATMでは必要になる手数料がゼロになります。

 

更に完璧を期したいのであれば、ネット銀行のようにキャッシュカードとローンカードを一体化しているカードローンを選べば、更に効果的なばれないでお金を借りる方法になります。

 

職場に消費者金融利用がばれるのは、職場への在籍確認の電話です。とはいえ無担保ローンなので会社に在籍確認の電話をしないと、返済能力の有無が最終的に確認できないため、消費者金融は在籍確認の電話を安易に省略できません。

 

ただし、職場にいることが確認できればいいわけであり、最近は健康保険証の提示で職場への在籍確認の電話を省略してくれることが多くなりました。健康保険証は退職すると取り上げられるため、在籍確認のツールとしては効果的です。在籍確認の電話がなければ、会社に消費者金融でお金を借りることがばれることを防止できます。

 

このような点に気をつければ、家族や会社にばれないでお金を借りる方法になります。